2017年5月27日 (土)

チューリップの球根取り

昨日の夜は、一時的に大雨の降った名古屋でした。
本当は、晴れの続いた後にプランターの土を干したかったのですが、今日明日は晴れ予報なので土を出しました。チューリップの葉を立ち枯れにさせたプランターです。

チューリップの咲いていた頃は、道行く人にも見ていただけて嬉しかったので、来年も植えたいと思います。
古い球根では、なかなか花は咲かないのですが、プランターの中にあった球根を集めてみました。

P1080162


この中から、来年どれだけ咲いてくれるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

彩人撮影のヒロシマ

彩人が、修学旅行で撮ってきたヒロシマの写真です。
中学3年の文化祭で、「消えた八月」の伴奏をしました。楽譜の表紙に、それぞれのクラスの曲に合わせた絵を自分で描くように先生に言われ、絵心のない彩人も、色々と描いていました。
実際に自分の目で見て、何か感じてくれるものはあったのでしょうか。

M10a0647


M10a0652


M10a0655


M10a0661


M10a0662


M10a0666


M10a0669


M10a0671

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

彩人 修学旅行から帰宅

彩人が修学旅行から帰ってきました。
中学校の修学旅行では、警視庁の医務室で休むという、他人には経験できないことをしてきましたが、今回は元気で過ごすことができたようです。

行程は、広島-琴平-淡路-神戸でしたが、2日目は雨に降られたそうです。今日も降られているのではと思いましたが、行程中では一番長く歩く神戸では降られずに済んだようです。

大きな荷物は往復とも宅配で、土産はその中に入っているようですが、神戸で私達にコーヒーと、順子にハンカチを買ってきてくれました。

P1080154



ゆっくりと、撮ってきた写真でも見ながら、土産話を聞きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

有無の見

亡父の七回忌の法要の際に、若様の法話で「有無の見」について教えていただきました。
「有無の見」とは、東本願寺のホームページでは、「ものごとを肯定する『有』とか、否定する『無』とか、そのような誤った考えにこだわる見方」と解説されています。
内容について理解することは、なかなか難しいのですが、お話の続きの中で印象に残っているものがあります。

年を取った人は、若い人を見て「若くていいね」と思います。でも、その若い人は「若くていいね」と思った年寄りの年齢まで生きる保証はないということでした。

母が2ヶ月の入院生活をしました。母を送ることは、息子としての務めと日頃思っていますが、それができる保証はありません。我が子の成長を、このブログでも喜んで書いています。絶対にあってほしくないことですが、逆縁にならない保証もありません。

昨日は「ハラボーの日」でした。この記事を書きかけたのですが、うまくまとまりませんでした。今日の記事は、読んでいただく方にご理解いただけるでしょうか。

大学生になった愛娘を、力強く見守っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

夢殿?

彩人は修学旅行に出発しました。高校生になると土産を買う相手も多く、それなりに小遣いも必要になります。現地で良い物を見つけて買えば良いと思うのですが、出発前から何を買おうか悩んでいました。

さて、小学校や中学校の修学旅行では、小遣いの額も決められているので、ずいぶんと考えて家族に土産を買ってきました。小学校の時に自分用に買った、法隆寺の五重塔と夢殿の置物は、今でも自分の机に飾ってあります。

さて、母が入院していた時は、母の寝室は葵奈の工作室となっていました。普段なら、夕方になると片付けなければならないのが、広げっぱなしにできました。

彩人の置物を見て作った葵奈の作品

P1080139



格子はなかなかの出来だと思います。

P1080142



屋根はイメージのようには行かなかったかな?

P1080143



そして台の裏側。

P1080144



大量の爪楊枝と、木工ボンドが消費されました。
我が家では、木工ボンドは500mlの大きなボトルが常備されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

高校の修学旅行用撮影機材

明日から彩人は修学旅行です。
カメラを何にするか、中学校の修学旅行と同様に悩んだようです。特に、今回は初めて訪れる場所が多く、写真を撮りたいという気持ちもありました。最初は、PowerShot G15にするつものでしたが、やはり一眼に変更しました。

P1080151


結局は、中学の時のカメラ本体のセットが、OLYMPUS PEN Lite E-PL3から、葵奈が頂いたOLYMPUS OM-D E-M10 Mark IIと、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZに変わっただけです。望遠ズームは、最近、M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIの購入で出番のないM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R。バッグは、ディバックという指定がないので、タムラック♯3447 RALLY7です。このバッグなら、望遠ズームがカメラの下段にすっぽりと収まります。
それにしても、小学6年生の妹に、カメラを借りる高2の兄というのも、我が家がカメラにどれだけ散財しているかを物語っています。

先送りした大きな荷物は、ロープロ プロローラー1を使いました。カメラバッグは、耐衝撃力が強いので、色々な使い道があるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

東京国際ピアノコンクール予選

昨日、彩人は東京国際ピアノコンクール予選に出場しました。
2015年2月14日の全日本ジュニアピアノコンクール以来、2年以上コンクールには出場していません。その間は、高校入試や、高校の実技試験のために、コンクールどころではありませんでした。現在でも、コンクールに向けてという余裕はあるとは思えませんが、場数を踏むことも、そろそろ必要なことでしょう。
葵奈の運動会と日程が重なり、私と順子がどう動くか考えました。一緒に昼食を食べた後に、コンクール会場に向かうことはできます。午後の親子運動があれば、順子が残っていたでしょうが、それもなかったので、撮影機材の運搬を考えて私が運動会、順子がコンクールの付き添いということにしました。

Img_3636



演奏は、最初は調子よく弾いていたものの、終盤に大きく音を外してしまったそうです。コンクールに出場するということを考えると、演奏した曲だけでなく、ピアノ全般の技量が不足していることは否定できません。
それでも、准本選に進むことはできました。

コンクールには、普通科に進学した中学校の同級生や、他の高校の音楽科に進学した知り合いも出場していたそうです。高校の音楽科の同級生はもとより、同年代で音楽に取り組んでいる層の厚さを感じたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

小学校最後の運動会

今日は、葵奈の小学校最後の運動会でした。気温は30℃超え。熱中症にならないように、何度も放送がありましたが、私はバテました。
時間短縮のためか、午前と午後にあった応援合戦は午後だけ、午後一番の親子運動もなくなりました。

私はビデオ担当、写真は順子。

まずは、短距離走。初めてゴールテープを切ったと喜んでいました。

Img_7762



6年生になると、係の仕事もさせてもらえます。

Img_7787



組み体操

Img_7831



難関の肩車も、上げられるようになりました。

Img_7844



側転のメンバーに選んでもらえました。YMCA体操教室のおかげです。

Img_7879



昼食は体育館で。
この後は、順子が所用で帰宅。カメラもビデオも私のワンマンオペレーション。

Img_7894


騎馬戦がありましたが、他のお子さんが写り込んでしまっているので写真はありません。

最後の大玉送りの後の退場。私に気がついてピース。

Img_7915



彩人から始まり、順子も私も11年間の小学校での運動会は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

家庭訪問とバッグ

家庭訪問が終わりました。
5日間ともに雨にも降られず、暑い日も多くありましたが、自転車で転んで空を飛ぶこともなく無事に終わりました。
タイヤを交換した自転車は、街乗りには絶好調でした。平地では、今まで6段で走っていたのが7段でも走ることができました。ただ、スピードが出すぎて少し怖い感じもしましたが…。

これで、家庭訪問用のバッグもお役御免です。

P1080150



リーガルで靴を買ってもらったものですが、ショルダーにもなり、スーツを着て自転車で回るにはぴったりで気に入っていました。
中には、生徒個表、テストの結果、タバコとライター、ポケット灰皿、ペットボトル購入用の小銭を入れていました。そして、ペットボトルも入りますし、暑くてどうしようもない時は、スーツの上着まで入ります。

もう使う機会はないのではと思いますが、痛んでもいないので、捨てることはできないでしょう。
こうして、我が家の荷物は増えていくばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

母の退院後の初検診

5月3日に退院した母ですが、半月が経ち、今日は退院後初めての検診でした。

朝から緊張しているのか、私が出かける支度をしていると、「お金を出して欲しい」(順子が母に言われて、朝、財布に入れました)とか、荷物はこれでいいかと心配そうでした。
私が職場に着くと、今日の付き添いをしてくれた姉から、家の鍵がないけど(これも、私が朝、見ている前でカバンに入れました)という電話。
こんなバタバタでしたが、傷の経過はまずまずでした。傷口の赤みがまだ引かないので、もう少しです。
よほど疲れたのか、私が帰宅した時は、昼間は服を着ている母が、パジャマで寝ていました。順子が帰宅した時も、「朝ご飯は」という会話だったそうです。

入院生活中は、かなり会話が噛み合わなかったりしていました。3日に退院して、連休中も同じような状態で、この先どうなるかと心配しましたが、かなり普通になってきました。朝も、勝手口から出て見送ってくれます。

まあ、今日は緊張と疲れから、こんな状態になったことだと思います。それでも、自分の家にいるという安堵感は、母にとっては何物にも変えがたいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«スズメのお宿