« Wordを使ってのブログ記事記入 | トップページ | ムラサメモンガラ »

2017年3月14日 (火)

Huawei MateBookのバッテリー持続時間

今日は、Huawei MateBookのバッテリーの持続時間についての話題です。
私の使っている、MateBook M5 8GBモデルは、Wi-Fi通信:9時間、オーディオ再生:29時間、駆動時間:9時間と記載されています。実働時間は何割か割引して考えなければならないのは、どの機種でも同じだと思います。

  1. 私がブログを書く手順です。
  2. 記事に合わせて写真を選び、「リサイズ超簡単!Pro」というフリーソフトでリサイズ。他人が映り込んでいる場合などは、Adobe Photoshopで画像の加工。
  3. 記事を一太郎で書いて、@niftyのブログ作成画面に貼り付け。
  4. 画像やリンクの挿入。

さて、昨日の記事に続いて、Huawei MateBookを使ってのブログを書いた時のことです。

  1. 写真を撮って、HooToo USBハブを使って、画像の取り込み。
  2. 「リサイズ超簡単!Pro」でリサイズ。
  3. Bluetoothワイヤレスキーボードがなかったので、Huawe MatePenを使ってWordで文章の作成。
  4. @niftyのブログ作成画面に文字を貼り付け、画像の挿入。
  5. WEBにアップロード。

この間、1時間と少々といったところです。
Wi-FiはYMCAで繋ぎ続けていました。また、MatePenを使っているのでBluetoothもオンのままです。

バッテリー残量は、

Photo

これを、どのように考えるかですが、カタログにある9時間は持たないでしょう。この使い方ですと、計算上は6時間程度となると思います。
1日で6時間使用することは私の場合は考えられませんが、仕事でフル稼働させるには、バッテリー持続時間に不足を感じるかもしれません。充電器やモバイルバッテリーに制限があるMateBookですから、辛い部分でしょう。
私の場合は、バッテリー持続時間よりも、Photoshopを動かすことを考えて、AtomよりもCore m5を選びました。バッテリーが5~6時間持てば十分ですが、バッテリー性能が落ちてきた時は心配です。

|

« Wordを使ってのブログ記事記入 | トップページ | ムラサメモンガラ »

コンピューター&周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563533/65013567

この記事へのトラックバック一覧です: Huawei MateBookのバッテリー持続時間:

« Wordを使ってのブログ記事記入 | トップページ | ムラサメモンガラ »