« ハナショウブ 2017 | トップページ | ピアノ6回目の調律 »

2017年6月 3日 (土)

ドライバーシートとB-CASカード

キャデラックSRXには、セーフティーアラートドライバーシートというものになっています。バックして障害物があったり、車線を逸脱しようとすると、運転席が振動し警告してくれるというものです。うっかり者の私には大変便利なシステムですが、いつの間にか振動しなくなり数日間経ちました。時間がある日にバックで振動しないことを確認して、ヤナセに持って行き症状の確認をしてもらいました。振動させるモーターの異常ということでしたが、部品は本国へ発注ということでした。不思議なことに、帰宅する時は正常に戻っていました。昔々、パワーウィンドが動かなくなるとドアの内張を蹴ると動き出すようになったのと同じでしょうか。まだ、部品が届いたという知らせはありませんが、現在も正常です。

そして、もう一つ困っているのが、地上デジタル放送のB-CASカードが認識されない時があるということです。

Dsc_1354


これも5月後半に初めて症状が出ましたが、自然に回復。でも翌日にはまた出ていました。しばらくの間は問題はなかったのですが、また今日はテレビがつきませんでした。

あと数ヶ月で保証期間が切れます。この2つの修理を有償で行った場合、いくらかかるのでしょうか。そう考えると、頭が痛い問題です。

|

« ハナショウブ 2017 | トップページ | ピアノ6回目の調律 »

キャデラック SRX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563533/65365068

この記事へのトラックバック一覧です: ドライバーシートとB-CASカード:

« ハナショウブ 2017 | トップページ | ピアノ6回目の調律 »