« simカードアダプター | トップページ | マリーゴールドと周囲の生き物 »

2017年7月 2日 (日)

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール予選

今日は、全日本ジュニアクラシック音楽コンクールの予選があり、無事に通過しました。
先週の火曜日に高校の専攻実技試験があり、同じ曲を演奏しました。高校の試験の時は、先生方の評価はさておき、自分としては良い演奏ができたと思っていたようです。今回のコンクールも、モチベーションは落ちないままに、本番を迎えることができたと思います。

Dsc_1433



ただ、要項には「演奏時間10分以内」ということで、ソナタの第三,四楽章でエントリーしたのですが、送られてきた当日の注意事項に、「出演者多数で5分でカット」とありました。
彩人の弾くソナタは、第三楽章は静かに流れ、第四楽章で一転してラテンの激しいリズムとなります。5分でカットされると、第三楽章だけで終わってしまいます。
結局は、時間を少々オーバーして、第四楽章の冒頭の部分は弾かせてもらった後にカットの指示がありました。講評用紙には四楽章をもっと聴きたかったと書いてくださった先生もいらっしゃったのは嬉しいことです。

名前の書いたプログラムというものはなく、エントリーナンバーと曲目だけを書いた物が配られました。
写真に「東京国際声楽コンクール」とありますが、発表を見に行ったら、同級生が声楽で出場していたようで、ロビーで一緒になりました。発表までの時間は、買い物と昼食に行っていたので演奏を聴くことができなかったのは残念でした。

2年半ぶりに、コンクールという場での彩人の演奏を聴きました。高校では同級生のレベルの高さに、もがき苦しんでいます。でも、親としては本人の成長を実感できる5分余りの時間でした。

|

« simカードアダプター | トップページ | マリーゴールドと周囲の生き物 »

ピアノ・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563533/65484927

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール予選:

« simカードアダプター | トップページ | マリーゴールドと周囲の生き物 »