サイパン 旅行記

2017年4月13日 (木)

サイパン国際空港の展示パネル

成田からデルタ航空でサイパンへ行かれる方は、よくご存じのパネルの話題です。
「サイパン旅行記2016」を、この記事で締めくくろうと思っていましたが、失念していました。

サイパンからの帰国で、ユナイテッド航空を使われる方は、出国の手荷物検査後はデューティーフリーを左側に通り抜け、北側の搭乗ロビーから出発します。これを右側へ行き、南搭乗口へ行くと、今現在、唯一の日本に直行で帰国できるデルタ航空の搭乗口があります。

Img_7290



このロビーに、サイパン国際空港の戦時中と、現在の写真パネルが展示してあります。

6da_1984



全景

Img_7288



パネル

6da_2022



なかなか、見応えのある展示ですので、ユナイテッド航空で帰国される方も、一度ご覧になったらいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

サイパン旅行記 卓球

彩人が体育の授業で今は卓球をやっているそうです。そんなに卓球を経験したことはありませんが、先日「試合をやった」と嬉しそうに話していました。

彩人が、卓球に夢中になるのは、サイパン旅行中です。フィエスタでは卓球台が2台あり、家族で一緒に楽しんでいます。

Img_7242



以前は、ラケットが掛けてあり自由に持ち出して使えました。その代わり、ラバーが半分ほど剥がれていたり、ボロボロになったりしていました。今は、写真の後のタオルレンタルのカウンターでラケットを借りるシステムになりました。ラケットも少しは普通になったようですが、使用頻度が高いので、痛みはあります。

2013年に「フィエスタリゾートでの卓球」の記事を書きましたが、この記事を書いていて、4年前はラケットをペンホルダーで、今はシェイクハンドで握っているのに気がつきました。
4年前の写真の時は、小学生。それと見比べてみると、彩人も大きくなったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

グロットの青

「グロットの青は見てみたいです」というコメントをいただきましたので、今日はグロットのプール内の「青」の写真です。

右穴

M52a0242



左穴

M52a0265



安全停止

M52a0345



それぞれの写真は、もちろん潜って撮ったものですが、シュノーケルでも、十分に「グロットの青」は楽しむことができます。

団体で、シュノーケリングツアーもあります。2012年の「グロットでのシュノーケリング」の記事の際も、団体のお客さんがエントリー岩の上にたくさんいます。最近は、もっと大人数の団体になっていると思います。

私達は、もう10年以上夏場しかサイパンに行きませんが、冬のグロットは荒れることがよくあります。あれだけの大人数で、目が行き届くのかは疑問があります。
もちろん、個人で行くのは大変に危険です。私のお勧めは、ダイビングショップのシュノーケルツアーです。インストラクターの方達は、日頃からグロットで潜っていて、怖さも十分に承知されています。

安全に、楽しく「グロットの青」を楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

サイパン食べ物編 広州小菜館2

以前にも書いた、広州小菜館の2016年の話題です。

広州小菜館は、我が家にとってサイパン旅行では外せないお店です。

Dsc_1286


2014年に食べたアヒルの足を食べたくてオーダーしましたが、あいにく品切れ。
代わりに豚足。これもなかなか美味でした。

Dsc_1273



この皿にも、トウガラシが見えます。

何を頼んだが忘れまししたが、別の料理を食べ終わった後。
しっかりと、トウガラシが乗っていました。

Dsc_1280

緑色のをシシトウのつもりで口に運んだ私は泣きました。

辛い物のお好きな方、怖い物見たさ(食べたさ)の勇気のある方は、ぜひご賞味ください。

きっと、次回のサイパン旅行でも食べにいくことでしょう。
もう、トウガラシは口にしませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

サイパン旅行2016 50州25セント硬貨

サイパン旅行2012 両替の楽しみ」で書きましたが、50州25セント硬貨を見つけると、使わずにコレクションしています。2012年当時は、両替をして見つけると、「珍しい」と思いました。
今年の夏の旅行では、ランドリーで必要な25セント硬貨8枚のために、3ドル両替をすると、5枚以上「50州25セント硬貨」があって、もう1ドル両替をするということもありました。

フィエスタのランドリーに両替機が入っていました。旅行の前半は使えませんでしたが、終盤になって使えるようになり、ここでも何枚も手に入れました。ただ、残念ながら北マリアナのコインは多くありませんでした。

P1070665

右端のコインが、通常のワシのものです。

これだけあると、希少価値は高くないのですが、やはりコレクションする我が家です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

サイパン土産のナンバープレート

サイパンの土産物店では、使用済みのナンバープレートが売られています。売られているのは、サイパン(CNMI)の物だけでなく、アメリカ本土の物もあります。数としては、本土の物の方が多くあります。1991年に、初めてサイパンに行った時も売られていた記憶がありますが、あまり興味はありませんでした。
と言うのも、中央にラッテ・ストーンがデザインされたサイパン(CNMI)の物は、いかにも使い古された感じの物が多く買う気にはなりません。アメリカ本土の物の方が奇麗な物がありますが、サイパンで本土の物を買ってもという思いはあるからでした。

一昨年、いつも土産を買うママショッピング(mama STORE)のレジカウンターの下に、ナンバープレートがありました。でも、本土の物ばかりで、サイパンの物はありませんでした。無いと欲しくなる物です。今年は、サイパンの物もあり、奇麗だったので1枚お土産に買ってきました。
何かにちなんだ数字なら良かったのですが、そこまではうまくはいきません。

P1070620



15年ほど前に、自宅前の駐車場に停めてあったトレイルブレイザーから、前後のナンバープレートが盗まれるという被害に遭いました。警察から「見つかった」という連絡があり受け取りに行くと、見事に数字か1つ加工して変えられていました。盗難車に付けてあったそうです。
日本では、中古のナンバープレートを土産物に売るなんてことは考えられませんね。最も「土産に欲しい」と思うようなデザインではないと思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

日本統治時代の南洋群島の切手

マサダイブのスタッフ、たっきいは、日本統治時代の歴史を調べるのがお好きなようで、マサダイブのホームページの「K君のブログ」に、色々と紹介されています。
一昨年は戦跡などをたくさん見せてもらいました。この記事は、「サイパン旅行記」から、たどっていただくと。色々と書かせてもらっています。

今年の帰国前日に、支払いにショップへ行くと、子ども達が、たっきいに、日本統治時代の、サイパンを含む南洋群島の切手を見せてもらっていました。

Img_7282


Img_7284


大変に貴重な物です。
クリアファイルに入れてあり、子ども達には「ファイルから出してはだめ」と言われていたそうですが、それを知らずに私がファイルから出して写させてもらいました。
ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

サイパン マリアナリゾート&スパ 2016 その4

夏休みの終わりの記事で、「行事の準備などが始まってしまえば、その渦の中に巻き込まれて」と書きましたが、来週の音楽会を控えて、渦のまっただ中という感じです。生徒と一緒に何かをやっている間は楽しいのですが、終わるとぐったりです。

今日の写真は、マリアナリゾートでの写真の最終回。葵奈の写した写真です。以前に、シジミチョウの写真はアップしましたので、風景写真です。

葵奈の視点はおもしろい物があります。自分で見つけて写した写真は、私や彩人では被写体にしないであろう物が写っています。

マリアナリゾートチャペルの扉

Pm2a4716



プールサイド

Pm2a4746



そして、私や彩人が写している所へ来て、同じ物を撮ったりもしますが、視線の高さが違うので違った写真になります。

チャペルの窓

Pm2a4734


Pm2a4735



今日から11月。名古屋は、寒さを感じる一日でした。暖かいサイパンが恋しい時期になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

サイパン マリアナリゾート&スパ 2016 その3

今日は、彩人がマリアナリゾート&スパで撮った、トカゲとキングフィシャー写真です。

Img_3588


Img_3584


生き物が好きな彩人らしい被写体です。

サイパンの国鳥であるキングフィッシャーは、フィエスタでも鳴き声を聞くことはありますが、姿を近くで見たことはありません。
Googleのマップで見てもわかりますが、マリアナリゾートは、南北がジャングルです。それに比べると、フィエスタは市街地といったところでしょうか。ですから、マリアナリゾートの方が、自然の生き物には恵まれているといえると思います。
ホテルのビーチでシュノーケリングをしても、マリアナリゾートなら魚を見ることができ
ます。

フィエスタは市街地にあると書きましたが、ホテルの部屋の中でも、たまにゲッコー(ヤモリ)は現れてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

サイパン マリアナリゾート&スパ 2016 その2

昨日、5年ぶりにマリアナリゾートのチャペルに行ったことを書きました。

チャペルとベルの間の木が囲われていました。
チャペルと、ベルの間のペアのように生えている木です。

2011年

1ds_4490


今年

Img_7223



近づいてみると

Img_7226



アップ

Img_7227

この木が、仲の良いカップルのように見えるからでしょう。ハート型の鍵は、ホテルで売られているものだと思います。

マリアナリゾートで結婚式を挙げたり、サイパンへカップルで訪れた方が付けられたのでしょう。
お幸せに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧