サイパン 水中写真

2017年5月16日 (火)

オブジャンビーチのニジハタ

日曜日の草取り、昨日の家庭訪問での自転車運転で、身体のあちこちが痛い私です。それでも、今日も家庭訪問。普段使わない筋肉を使うと大変です。
今日、自転車を漕ぎながら「ダイビングと一緒だ」と思いました。普段は、背中に重い物を背負って歩いたり、階段を上り下りすることは絶対にありません。ですから、数日は身体の節々が痛みます。楽しいことと、仕事とはずいぶん違いますが…。

今日は、久しぶりにサイパンの魚の写真を1枚。2016年オブジャンビーチで彩人撮影のニジハタの写真です。
ニジハタの写真は、1999年に我が家の年賀状に使いました。ニジハタは、どのポイントでも見かけますが、その時もオブジャンビーチで撮ったものでした。

Img_3225



2016年のオブジャンビーチは、ボートで潜りました。ボートダイビングなら、重い機材を背負って歩くこともありませんが、財布には優しくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

海の中でボーッと

新年度が始まって1週間が終わりました。
雑務の連続です。これも、新年度をスムーズにスタートさせるためには必要なことですが、疲れます。授業さえ始まってしまえば、楽にはなるのですが、来週も健康診断やら、テストやらで過ぎていきます。
仕事帰りに、毎日、母の見舞いに行くのも大変ですし、母の病状や言動に一喜一憂するのも、精神的には大変です。

昨日の入学式の後の学級の時間で、生徒に「海の中でボーッとしているのが好きです」なんて自己紹介をしました。結婚した頃は、春休みもサイパンに行ってリフレッシュしていましたが、今では許される家庭環境ではないのは、しかたがないことです。

今日は、ナフタンでのホソカマスの写真を1枚。

M52a0585



ナフタン岬も、もっと先端のドロップオフや、その先のブラックコーラルに潜ることができた時代も懐かしく思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

ムラサメモンガラ

3月になってからのブログを見てみると、海やサイパンの話題は全くありませんね。母の入院、卒業式、新しいオモチャのMateBookの話題で占められています。

サイパンの魚を一種類。
葵奈撮影のムラサメモンガラです。3年ほど前の「マニャガハ島」の記事で、一度ご紹介しています。
この写真は、2014年にラウラウビーチでのシュノーケリングの時に撮ったものです。

P1010972



ダイビング中は、ほとんど見かけることはありません。浅瀬にいる魚ですが、岩陰に隠れていますし、少し小さいので若魚でしょうか。

このムラサメモンガラは、奇麗な体色をしていますが、ちょっと危険な魚です。
水遊びをしていると、突然に足をかじられることがあります。もちろん、大けがをすることはありません。「痛っ」と思ったら、このムラサメモンガラのテリトリーに入ってしまって囓られたということです。
ダイバーになって、浅瀬で遊ぶことは少なくなりましたが、泳いでいる時ではなく、膝ぐらいまでの水深の所を歩いている時に攻撃された記憶の方が鮮明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

ラウラウビーチのギンポ

今日ご紹介するのは、ラウラウビーチのギンポです。

ラウラウビーチやオブジャンビーチには、ギンポの仲間がたくさんいます。オブジャンビーチの方が、種類も多く青い海をバックにして絵にはなりやすいですし、数も多いと思います。。残念ながら、オブジャンビーチはリップカレントが強く、エグジットロープが切れるという怖い思いをしてからは、潜る頻度が高くありません。

さて、ラウラウビーチで確実にギンポの仲間を見ることができるのは、リーフの切れ目です。
この写真の手前の所が、たくさんいる場所です。

M52a0791


エントリーする時は、その場所で留まっているわけにはいきません。エグジットする時に一番最後に泳いで、その場所に留まっています。機材を背負って身体が安定しないまま写すことになりますので、見つけてもなかなかピントも合いません。そして、逃げられるということの繰り返しです。
何カットも悔しい思いをしていますが、偶然、ピントが合っている写真がありました。

M52a0160


シュノーケルで十分な深さですから、機材を背負わないで腹ばいで写した方が良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

幻のナポレオンフィッシュ

久しぶりに、水中写真を1枚。

彩人がグロットで撮影したナポレオンフィッシュです。
向こう側はカスミアジ。

Img_3062


ホームページI LOVE GROTTOのDiving logに書きましたが、私達がエビ穴に入ってエビを見ている間に、河野ねえさんと彩人だけが見たナポレオンフィッシュです。結局、昨年のサイパンで、私は一度もナポレオンを見ていませんから、唯一のチャンスを逃がした訳です。

この時は、河野ねえさんは外洋に出てナポレオンを追うことはしていません。もちろん彩人も出ていません。これが河野ねえさんと私だったら、二人とも間違いなく外洋に出てナポレオンを追っているでしょう。たぶん、私が先に出ています。
ゆっくりと泳いでいる魚でも、追い切れるわけではありませんから、外洋に出ても数メートルといったところでしょうか。その後がどうなるか想像するのも、楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月)

グロットの青

「グロットの青は見てみたいです」というコメントをいただきましたので、今日はグロットのプール内の「青」の写真です。

右穴

M52a0242



左穴

M52a0265



安全停止

M52a0345



それぞれの写真は、もちろん潜って撮ったものですが、シュノーケルでも、十分に「グロットの青」は楽しむことができます。

団体で、シュノーケリングツアーもあります。2012年の「グロットでのシュノーケリング」の記事の際も、団体のお客さんがエントリー岩の上にたくさんいます。最近は、もっと大人数の団体になっていると思います。

私達は、もう10年以上夏場しかサイパンに行きませんが、冬のグロットは荒れることがよくあります。あれだけの大人数で、目が行き届くのかは疑問があります。
もちろん、個人で行くのは大変に危険です。私のお勧めは、ダイビングショップのシュノーケルツアーです。インストラクターの方達は、日頃からグロットで潜っていて、怖さも十分に承知されています。

安全に、楽しく「グロットの青」を楽しんでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

水中写真の焦点距離

葵奈が「未来に残したい海」子どもフォトコンテストの話題にお付き合いください。

葵奈が水中で使っているTZ-30は、ワイド側なら3cmまで寄れますが、テレ側では1mまでしか寄れません。途中の焦点距離では2mとなることもあります。

写真を見ると、被写体にかなり寄っています。たぶん1mぐらいではないでしょうか。
最初に、このベラのシーンを写したのが、この写真です。

P1020229


テレ側で写して、ピントが奥へ抜けてしまっています。普段の葵奈なら、あきらめて写すのを止めているかもしれませんが、よくワイド側に切り替えて写すことができたと思います。

ベラのバトルシーンは、上の写真と入賞作だけです。私達なら、押さえで何枚か写していたでしょうが、これが葵奈らしいところです。
良い被写体を目の前にすることができ、たまたま上手く写すことができたのはラッキー
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

第5回「未来に残したい海」子どもフォトコンテスト 葵奈 最優秀賞

第5回「未来に残したい海」子どもフォトコンテストで、葵奈が最優秀賞をいただきました。
21日のメールで、最優秀賞の連絡をいただきましたが、主催者公表までブログへのアップを控えていました。

「バトル」

P1020230

[カメラ]  Panasonic DMC-TZ30
[撮影日時]  2016/08/10 09:06:15
[フラッシュ使用]  はい INON S-2000
[焦点距離(35mmフィルム換算)]  24.0 mm
[シャッタースピード]  1/100 秒
[ISO感度]  100
[絞り]  F3.3
[露出プログラム]  プログラムAE
[測光モード]  分割測光

ベラが縄張り争いをしている写真です。

この時は最終日の1本目、親子4人のダイビングです。ガイドのたっきいに「葵奈にハナビラクマノミを見せてやりたい」とリクエストして直行しました。途中で、アジ群れやカメまで見ていると、葵奈のエアが持ちません。
ハナビラクマノミを見た後に、ハダカハオコゼを見せてもらって、葵奈に先に撮らせました。このダイビングでは、水深が一番深い場所なので葵奈はたっきいと移動。岩陰にいるハダカハオコゼを3人で写していました。
その間に、葵奈が撮ったものです。ですから、このシーンは私達3人は見ていません。葵奈によると、「カッカッカッと戦って、離れて、またすぐに戻ってきて戦ったいた」ということです。ダイビングって、同じ海に潜っていても違う物を見ていることが多いので、おもしろいものです。
週末に、葵奈を連れて表彰式に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

ダイビングログの更新

ほぼ1年ぶりにホームページの更新をしました。
今年のサイパンでの、ダイビングログです。お時間があれば、ぜひご覧ください。

ホームページの更新も1年ぶりとなると、写真のタイトルの入れ方など忘れてしまいます。以前は、すぐに思い出すことができたのですが、今回は時間がかかりました。
撮影機材のページも、更新しなければならないのですが、何かすることの「根気」もなくなっているのを自覚してしまいます。

今回のアップした写真で、一番気に入っているグロット右穴の前での写真です。

M52a0375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

サイパン滞在 実質的な最終日

今日は、サイパン滞在の実質的な最終日です。明日は、午前1:30にホテルを出て、空港に向かう予定です。

午前中は、家族4人ラウラウビーチで潜ってきました。

M52a0758


今までは、最終日は私は潜らずにいました。ですから、4人で潜ることが出来るのは幸せを感じます。ただ、4人分のダイビング機材を洗ったり、カメラをばらしたりするのは大変です。
Img_7262

4人分の撮影機材。今回は、どれも水没することもなく終えることが出来ました。

パッキングも、ほぼ終わり。
次の記事は、日本から書くのが少し寂しい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧