コンピューター&周辺機器

2017年8月18日 (金)

Xperia Z3 タッチパネル異常

私は、Xperia Z3を使っていますが、突然タッチパネルに異常が出ました。本体のキーボードで入力していますが、wとsが入力できません。キーボードを、左右に少し移動できますが、移動すれば入力はできるという症状でした。

7日にdocomoショップに持ちこみました。他にもタッチパネルの異常が出ているようで、無償修理でした。代替機は、Xperia Z3 compactです。

左…彩人のZ5 Z3と大きさは同じです。
右…代替機Xperia Z3 compact
compactも、大きさは手に馴染んで良いかとも思いました。

P1080492



昨日、修理完了ということで受け取ってきました。
タッチパネル、フロントケース。液晶が一体となっているようで交換。修理の都合上、リアケース、サイドケースも交換されたそうです。

修理に出した時に、バンパー、ストラップ、裏表のフィルムを、docomoショップの方が外してくれました。フィルムを剥がす時に、爪で剥がしていたのが嫌だったのですが、案の定、フロント側のフィルムの端がうまく付かなくなっていました。

再設定やアプリのインストールなど、時間はかかりましたが、無事に今までの自分のスマートフォンに戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

simカードアダプター

彩人は、小学校6年生から連絡用に携帯電話を持たせていました。iモード契約もなく通話だけなら、月額1,000円で済みました。葵奈にも、携帯電話を持たせることにしました。
ここで問題が一つ。

彩人の携帯電話」の記事を読んでいただくとわかりますが、キッズ携帯を0円で購入。FOMAカードをN905iμに入れて使い、故障のためTOUCH WOOD SH-08Cに買い替えました。いずれも、FOMAカードは同一サイズでした。

葵奈も同様にキッズ携帯を0円で購入までは同じですが、simカードがminiサイズです。葵奈にも中学を卒業するまではスマートフォンは持たせるつもりはありません。それまで、キッズ携帯というのも抵抗があります。現実にYMCAの体操教室では、練習が終わると小学校低学年のお子さんが使っています。

docomoショップでも、その点はわかっているようで、中古のmini simカードのFOMA機を手に入れて使うことを勧められました。

葵奈が狙っているのは、順子が使っていた、赤色のN905iμです。10年前の機種ですが、まだ使うことはできそうです。そうなると、simカードアダプターを使うしかありません。

ネットでsimカードアダプターを発注した後に、こんな物なら自分で作れるかもと思って、キッズ携帯のsim付いていたカードを切り離して作ってみました。ハサミで切っただけのものですが、何と無事に使えました。
simカードアダプターが届いて入れてみようとすると、少し削らないと、うまく入りません。

P1080324



今は、自作の物をN905iμに入れて使わせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

迷惑コメント

1週間前に「道路標識の移設」の記事を書いてから、毎日10件程度のコメントがあります。全て迷惑コメントで、コメント内のURLをクリックするとアダルトサイトに飛ばされます。
毎日、IPアドレスを、コメント禁止リストに登録していますが、それでも付き続けています。今日は何と19件ありました。

Scrshot002



コメントの付くのは、「道路標識の移設」の記事だけで、「道路標識の移設申請」の記事には付きません。記事のタイトルに「完了」の文字を付けてみましたが効果は明日以降にならないとわかりません。
今までは稀にしかなかったのですが、どうしようか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

スマートフォン フィルムの貼り替え

私と彩人のスマートフォンの保護フィルムを貼り替えました。
彩人の物は最初に貼った時に、何度も失敗してあまりきれいではありませんでした。ヤフーの期間限定ポイントがあったので買いました。今までは、フィルムでしたが、ガラスフィルムにしました。

そして私。私はガラスフィルムでしたが、以前から少しヒビが入っていました。

 

P1080309

 

先日、もう1箇所にヒビ。スマートフォンを投げ捨てたらヒビが入りました(笑)。

 

P1080314

 

彩人とは逆に、ノングレアのフィルムタイプの物が以前から買ってありました。

 

P1080320

 

指紋が付かないのは嬉しいのですが、老眼の私には、ちょっと画面が見づらくなった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

Matebook純正充電器の買い増し

Matebookの充電器のハードルは高く、純正以外ではAnkerの製品で一つ充電できるようですが、USB-C以外にも4ポートあり、大きくてかさばります。Power Delivery というものに対応している充電器でなくてはてけないようで、MacBook用の物で充電できたという情報もありますが、同じ商品のレビューではMatebookは充電できなかったという書き込みもありました。
以前からチェックしていたのですが、純正は着払いのみの受付で、送料がかかるので考えに入れていませんでした。ファーウェイのカスタマーセンターに電話してみたところ、メールで発注した方が便利だということがわかりました。
純正なら間違いはありませんし、万が一使えない場合もクレームを入れれば済みます。他に、USB-Cの製品を使っているわけではありませんので、送料があまりにも高ければキャンセルしようと思って、メールをしたところ、運送・代引き手数料が300円+税でした。
それならば、純正の一択です。発注した物が今日届きました。

P1080135


P1080138



昨日、Matebookを職場に持って行き、家庭訪問のために家の確認をしようと考えました。ところが、午後になって放電してしまっていました。シャットダウンはしていませんでしたから、カバンの中で、何かで電源が入ってしまって放電してしまっていたのでしょう。充電器とケーブルがあればと思った思いました。
充電器が来ましたので、Matebookを持ち歩く時は、ケーブルと一緒に持って行くことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

USB3.0対応カードリーダー/ライター

私のデスクトップコンピュータの上部には、USB3.0のポートが2つ付いています。
ハンディカム FDR-AX55のために、SDXCカードを買ったのでベンチマークを取ってみようと思いました。

最初に測ったのは、日常使っているUSB-HCS315BKというSDカードリーダー付きUSB3.0ハブです。これは、左側のUSBポートに付けてあります。

Cdm03



SDXCカードは、サンディスクの海外リテール品を買ったのですが、ネットにあるデータより少し遅いかなと思って、他のカードリーダーを試そうと、BUFFALO BSCRA51U3BKを右側のUSBポートに刺して測ると、とんでもなく遅くて、途中でやめました。
長い間使っていなかった、カードリーダーなので壊れたかと思い、新しい物を発注しました。BUFFALO BSCR21U3BKです。ところが、空いている右側に刺しても認識しません。
左側のポートに刺すと無事に認識。結局は、コンピュータのUSBポートが壊れているだけでした。

BSCR21U3BKのベンチマークです。

Cdm02



そして、壊れていると思ったBSCRA51U3BKのベンチマーク。

Cdm01



ついでに、SDカードリーダー付きUSB3.0ハブに、BSCR21U3BKを付けてみました。

Cdm04


ハブを介しているので、もっと速度低下があると思いましたが、あまり変化はありませんでした。

USBポートを差し替えてみるという基本的なことを忘れたために、余分な散財をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

ドラッグ&ドロップ対応USB2.0リンクケーブル

ドラッグ&ドロップ対応リンクケーブルを持っています。このケーブルは、2台のコンピュータ間をドラッグ&ドロップでファイル転送ができるUSBケーブルということで2014年に買いました。目的は、モバイルコンピュータのVAIOと、メインのHPのデスクトップとのデータのやり取りです。
ところが、データの移動はできるものの、何やら変なファイルも作成されてしまいました。VAIOのSSDは512GBと余裕はあるものの、変なファイルが勝手に作成されるのが嫌で死蔵していました。
また、VAIOはテスト問題を作ることや、旅行中のブログの更新、サイパン旅行中であれば、写真データの保存がメインですので、データをリンクさせる必要もほとんどありませんでした。

Mate bookを買ってからは、遊びでの使用が多くなりました。具体的には、デスクトップに取り込んだ写真をMate bookに入れて瀬戸に持って行って義母に見てもらったり、動画や音楽データを入れて楽しんでいます。この場合ですと、一々USBメモリーに入れて、またMate bookに移動するのは面倒です。
「あんなケーブルがあったなぁ」ぐらいのつもりで試してみたら、全く問題なくデータのやり取りができました。これを使えば、半分の時間でデータの移動ができます。
ダメ元で試してみて正解でした。

サンワサプライ ドラッグ&ドロップ対応USB2.0リンクケーブル EES-KB-USB-LINK3M

P1080113

3年以上も前の物ですので、今はもっと転送速度が高速な商品があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

失せ物発見の日

しばらくの間、探していた物が2つありました。

1つ目は、エネループの充電機。

SANYOのスローチャージャー2台
SANYOのクイックチャージャー2台
Panasonicのクイックチャージャー3台
を持っていますが、一番使い勝手が良い、Panasonicの物が2台なくなっていました。

サイパンでは
ストロボ3台×4=12本
水中ライト3台×4=12本
ビデオライト2台×3=6本
その他、マウスなどにもエネループを使います。
当然、それぞれの交換用の電池が必要ですので、毎日充電をしています。

Panasonicのクイックチャージャー3台を、サイパンに持って行っています。帰国してからも使っていますので、サイパンに持って行った、電気系のシールボックスは探していませんでした。
新年度に向けて、子ども達が学用品の片付けをしていたので、私も片付け。そうしたら、サイパン用のボックスの中に2台入っていました。
Panasonicになってからのエネループは、SANYOの充電機では充電がうまくいかないと聞いたことがあります。何よりも、SANYOのクイックチャージャーは、単4電池が一度に2本しか充電できないのは不便です。

SANYOのクイックチャージャー

P1080060



Panasonicのクイックチャージャー

P1080062

もう一つの失せ物は、EC Technologyの 折りたたみ式 ワイヤレスキーボードです。
2月4日には、間違いなく使っていますが、それ以降どこかにいってしまいました。こちらは、電話台の下に落ちていました。

P1080058



Matebookでは、MatePenでの入力で十分ですし、病院でのドクターの説明や、看護師さんの説明は、Matebookを机の上に置いて、MatePenで入力していました。
ただ、スマートフォンで、長文を入力するには、キーボードがあった方が便利です。

どちらも見つかって、めでたしめでたしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

Huawei MateBookのバッテリー持続時間

今日は、Huawei MateBookのバッテリーの持続時間についての話題です。
私の使っている、MateBook M5 8GBモデルは、Wi-Fi通信:9時間、オーディオ再生:29時間、駆動時間:9時間と記載されています。実働時間は何割か割引して考えなければならないのは、どの機種でも同じだと思います。

  1. 私がブログを書く手順です。
  2. 記事に合わせて写真を選び、「リサイズ超簡単!Pro」というフリーソフトでリサイズ。他人が映り込んでいる場合などは、Adobe Photoshopで画像の加工。
  3. 記事を一太郎で書いて、@niftyのブログ作成画面に貼り付け。
  4. 画像やリンクの挿入。

さて、昨日の記事に続いて、Huawei MateBookを使ってのブログを書いた時のことです。

  1. 写真を撮って、HooToo USBハブを使って、画像の取り込み。
  2. 「リサイズ超簡単!Pro」でリサイズ。
  3. Bluetoothワイヤレスキーボードがなかったので、Huawe MatePenを使ってWordで文章の作成。
  4. @niftyのブログ作成画面に文字を貼り付け、画像の挿入。
  5. WEBにアップロード。

この間、1時間と少々といったところです。
Wi-FiはYMCAで繋ぎ続けていました。また、MatePenを使っているのでBluetoothもオンのままです。

バッテリー残量は、

Photo

これを、どのように考えるかですが、カタログにある9時間は持たないでしょう。この使い方ですと、計算上は6時間程度となると思います。
1日で6時間使用することは私の場合は考えられませんが、仕事でフル稼働させるには、バッテリー持続時間に不足を感じるかもしれません。充電器やモバイルバッテリーに制限があるMateBookですから、辛い部分でしょう。
私の場合は、バッテリー持続時間よりも、Photoshopを動かすことを考えて、AtomよりもCore m5を選びました。バッテリーが5~6時間持てば十分ですが、バッテリー性能が落ちてきた時は心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

Wordを使ってのブログ記事記入

少々、マニアックな記事です。
3月11日の記事は、Huawei MateBookを使って、名古屋YMCAで書きました。

通常、私は一太郎で記事を書いています。書いた文章を、@niftyのブログ作成画面に貼り付けをします。

MateBookには、一太郎は入れていませんので、Wordで文章を書きました。文章の公開時間を14時46分に設定して終わりました。

さて、文章を公開してからブログを見ると、何か変です。
フォントがMS明朝で表示されています。不思議に思って、HTMLを見ると変わった表示になっていました。

HTMLは、ホームページ上の文字などの大きさや強調の指示を表すもので、<B>は太文字、<I>は斜体などを示すのは、Wordや一太郎のアイコンと同じです。HTMLでは</B></I>というように「/」でその命令の終了を意味しています。

一太郎のフォント設定でもMS明朝になっていますが、
----------------------------------------
<p>一太郎のフォント設定でもMS明朝になっていますが、</p>
----------------------------------------
と簡単に表示されます。

これをWordで入力すると
----------------------------------------

<p class="MsoNormal" style="margin: 0mm 0mm 0pt;"><span style="font-family: &quot;MS 明朝&quot;,&quot;serif&quot;; mso-ascii-font-family: Century; mso-ascii-theme-font: minor-latin; mso-fareast-font-family: &quot;MS 明朝&quot;; mso-fareast-theme-font: minor-fareast; mso-hansi-font-family: Century; mso-hansi-theme-font: minor-latin;">これを</span><span lang="EN-US" style="mso-bidi-font-family: &quot;Times New Roman&quot;;"><span face="Century">Word</span></span><span style="font-family: &quot;MS 明朝&quot;,&quot;serif&quot;; mso-ascii-font-family: Century; mso-ascii-theme-font: minor-latin; mso-fareast-font-family: &quot;MS 明朝&quot;; mso-fareast-theme-font: minor-fareast; mso-hansi-font-family: Century; mso-hansi-theme-font: minor-latin;">で入力すると</span>
----------------------------------------

という表示で、かなと漢字はMS明朝、半角のWordという文字は、Times New Romanという英字フォントになっています。

その時の記事は、もう一度一太郎に戻してアップしなおしましたが、Wordでブログを書く時は注意が必要だということがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧