キャデラック SRX

CADILLAC SRX CROSSOVER

2017年9月11日 (月)

SRX車検完了

車検に出していたSRXが、予定どおり土曜日に戻ってきました。
「がんばれば土曜日に戻せます」という言葉でした。週明けでも良いと言いたいところでしたが、サービス部門は日月曜日が休みですので、土曜日でないと火曜日になってしまいます。MercedesBenz E220dに乗っているのも悪くはありませんが、やはり自分の車の方が運転しやすいことは当然です。
今朝の通勤時に、普段は渋滞しない所で渋滞していました。1車線をトラックが停車していての渋滞です。普段の通勤路ではない道を選んで走りましたが、これも自分の車ですから、そちらの道路を選ぶことができました。

ボディーは、ミラーフィニッシュを施工してもらいました。今後は車検ごとにという考えで、効果期間が2年のスーパーにしました。ガレージが完成すれば、屋根付きの駐車場に停めることができるので、汚れることが少なくなるのではと期待しています。

今回のサービス品

P1080546


裏は「YANASE」と書いてありますが、こちら側なら「YOKOI」の「Y」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

代車 MercedesBenz E220d

今週の火曜日から、SRXを車検に出しています。オペル2台、シボレートレイルブレイザー2台、シボレートラバース、そしてSRXと、ほぼ3年ごとに車を買い替えてきています。SRXは、走ることにかけては問題はないのですが、色々と納得のいかない点も多い車です。ただ、定年後のライフスタイルがどうなっていくかわからないので、今回は車検を受けて、しばらくの間は乗り続けることにしました。
車検を受けたばかりで買い替えたこともありますので、どうなるかわかりませんが…。

代車で出してもらったのは、MercedesBenz E220dです。試乗車でしょうか。走行距離も1,000Km少々の車です。夜の内装イルミネーションが素敵です。
明日、車検が終わってSRXが戻ってくるので記念に1枚。

Dsc_0013


職場の人には、「車を買わせようという戦略だ」と言われていますが、信号待ちをしていると、昔のカローラ並みにBenzが止まっているご時世ですので、物欲は湧きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

ACC一時的に使用不能

奈良市街から東名阪道に向けて走り、天理インターを通り過ぎた所にある、うどん屋で昼食。去年も入った店です。

天理インターから名阪国道に入り、良く休憩をする針テラスはパスして走りました。段々と眠くなり、伊賀上野PAで休憩。東名阪道に入り、疲れたら御在所で休むつもりでしたが、そのまま名古屋まで来ました。

キャデラックSRXのアダプティブクルーズコントロールは、前車との車間を保ちながらも、設定速度で走ってくれるので運転は楽です。
ところが、名古屋高速に入り再セットしようとすると、「ACC一時的に使用不能」という表示が出ました。

Img_3740


帰宅してマニュアルを見ると、整備の必要はないと書いてあります。
帰宅したのが月曜日ですので、翌日にサービスに電話をして聞いてみたところ、フロントグリルのキャデラックマークと、フロントガラスの掃除で直るはずと言われました。
何度か掃除しても、「一時的に使用不能」が、1週間続き、入庫しました。

コンピュータのエラーチェックでは、高温異常が出ているということです。高温になると作動しなくなるという話ですが、通常でもその温度に達するような温度ですので、すっきりと納得することはできません。
調整で直ってきましたが、「アダプディブクルーズコントロール サービスメッセージ」と、関係があるのかもしれません。

あと1ヶ月少々で1回目の車検となり、それ以後は修理も有償となります。今度こそ、車検を通した後も乗り続ける気ですが、修理代がどうなっていくことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

アンテナって付いてた?

今日の午後、ふと車を見ると屋根に付いているはずのアンテナがありません。記憶というのはいいかげんな物で、「この車にはアンテナはなかったかな」なんて思いました。昨日の「道路標識の移設」の写真を見ても、アンテナはありません。確認のため、納車の時の写真を見ると、記事の写真では確認できませんが、他のアングルの写真を見ると付いています。確かに、こんな形の物が付いていたという記憶がありました。

ドライバーシートとB-CASカード」の修理をしてもらい、その後、B-CASカードに再度不具合が起きて、都合2回入庫しています。2度とも洗車もしてもらっています。
以前、シボレー トラバースに乗っていた時のことだったと思いますが、入庫して戻ってきた時に、アンテナが後部座席に置いてあったことがありました。それを思い出して、座席やトランクを探してもありません。ヤナセのサービスに電話をして事情を話すと、「ドアポケットに入れることがある」ということでしたので探してみましたが、やはりありません。

路上に駐車していますので、いたずらされたのかもしれませんが、サービス部門でも探してもらいました。
結局は、私の車にもサービス部門にもありませんでした。どのように手配してもらったのかわかりませんが、サービスマンがアンテナを自宅まで届けてくださり、取り付けてもらって一件落着となりました。

P1080275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

道路標識の移設完了

2016年11月28日に道路標識の移設申請を所轄の警察署に出しました。その際に、「時には3年ぐらいかかることもある」と言われました。

昨日の朝、車を出そうとしたらじゃまになっていた標識がありません。このまま正面から車を出すことができます。

Dsc_1397



お願いしたように、電柱の隣に移設してありました。

Dsc_1398



昨日の朝まで全く気がつきませんでしたが、隣家の方の話では、一昨日の暴風雨の前日に工事をしていたとのことでした。
申請してから7ヶ月。外構工事の設計では、標識が残っている前提で角を少し引っ込め車を出せるように進めていましたが、ひの必要がなくなって助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

ドライバーシートとB-CASカード

キャデラックSRXには、セーフティーアラートドライバーシートというものになっています。バックして障害物があったり、車線を逸脱しようとすると、運転席が振動し警告してくれるというものです。うっかり者の私には大変便利なシステムですが、いつの間にか振動しなくなり数日間経ちました。時間がある日にバックで振動しないことを確認して、ヤナセに持って行き症状の確認をしてもらいました。振動させるモーターの異常ということでしたが、部品は本国へ発注ということでした。不思議なことに、帰宅する時は正常に戻っていました。昔々、パワーウィンドが動かなくなるとドアの内張を蹴ると動き出すようになったのと同じでしょうか。まだ、部品が届いたという知らせはありませんが、現在も正常です。

そして、もう一つ困っているのが、地上デジタル放送のB-CASカードが認識されない時があるということです。

Dsc_1354


これも5月後半に初めて症状が出ましたが、自然に回復。でも翌日にはまた出ていました。しばらくの間は問題はなかったのですが、また今日はテレビがつきませんでした。

あと数ヶ月で保証期間が切れます。この2つの修理を有償で行った場合、いくらかかるのでしょうか。そう考えると、頭が痛い問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

サマータイヤへの交換 CUEの改善?

今日は、SRXをスタッドレスからサマータイヤに交換してもらいました。奈良に行くなら、スタッドレスのままで行くつもりでしたが、旅行を中止にしたので交換の依頼をしてありました。
20インチのホイールの方が、迫力はあります。

Dsc_1241



さて、「キャデラック SRX 」のカテゴリーを見ていただくとおわかりと思いますが、CUEシステムには泣かされてきました。何度もインターフェイスの交換をしていますが、なかなか改善されてきませんでした。
ところが、最新の物に交換以来、一度もトラブルが起きていません。こうして記事にすると、トラブルが起こるというパターンでしたが、今回はどうでしょうか?
ヤナセに確認すると、10月20日に交換しています。5ヶ月の間無事だったことを考えると、今のインターフェイスなら大丈夫だと思いたいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

3回目のオイル交換とブレーキの違和感

SRXの3回目のオイル交換です。

先回が2016年3月末ですから、10ヶ月の間隔です。1回目と2回目の間隔より長くなっていますが、昨年度末は、1日あたりの走行距離が長くなっていますので、現在の方が普通です。先回から、約5,500kmでの交換です。

Dsc_1673



SRXにする前は、3000kmを目安にオイル交換をしていました。ちょうど半年ぐらいの間隔になります。今は、オイル交換などを含む「メンテナンス ケア プログラム」に入っていますので、オイル交換もヤナセでやってもらっています。
これは、「オイル交換要」の表示が出ないとサービスの対象にはなりませんので、「オイル交換は、半年または5000km」と教えられてきた私にとっては、少々間隔が空きすぎという気がします。

Dsc_1653



オイル交換の予約をしてから、ブレーキに違和感を感じました。走行中のものではなく、エンジン始動時にブレーキを踏み込んだ感覚に違和感を感じたものです。最初は、いつものように踏んでエンジンスタートボタンを押しても、エンジンがかかりませんでした。
オイル交換と一緒にみてもらいましたが、電気系に怪しい箇所があり部品交換だそうです。ただ、本国への発注となるため、また後日ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

CUEの故障とGMジャパンの対応

10月3日の「CUEのブラックアウトとバックカメラ」の後に、ヤナセに入庫して最新のインターフェイスに交換してもらっています。対応としては、この方法しかないようですが、インターフェイスが完全な物かどうかは使っていかなければわからない状態です。

「CUEのブラックアウトとバックカメラ」の記事に、「モニターにタッチしても無反応」「修理代金30万オーバー」というコメントをいただきました。

以前にOPELに乗っていた時がありました。ドアが閉まらない、エンジンルームの排水穴が詰まって車内に雨水入り込み、フロアが水浸しになるなど故障の多い車でした。
ヤナセ本社にクレームのメールを出したら、すぐにディーラーが来て、無償故障修理の延長か新車購入の差額の半分を持ってくれるということで、再度オペルを購入しました。その時にそのような対応をしてくれる決め手となったのは入庫回数でした。

現在のヤナセのホームページでは、故障についてはサービスに連絡ということですので、直接メールを出すことはできません。何度も異常が出ている、つまり不完全なシステムも車の購入代金に含まれている訳です。このままの状態で保証期間が終わってしまい30万オーバーの修理費を出す気にはなりません。

10月の入庫の際に、GMジャパンとヤナセに、今後どのように対応してもらえるか文書回答を求めました。
先日、回答が来ました。私信ですので文章を掲載するのは控えますが、内容としては、CUEについては保証期間満了後も継続案件とするということでした。GMジャパン主導で、ヤナセが追随する形でした。あくまでも個別の対応であり、私のSRXが特別にトラブルが多いのかもしれません。現状を十分に理解していただいた上での誠意ある対応だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

キャデラックSRX 走行の異常

キャデラックSRXに乗り始めて2年あまりが経ちました。CUEのシステムには、何度も泣かされていますが、「走る」「曲がる」「止まる」という車の本来の性能には満足をしていました。

ところが、今朝のことです。

  • 片側3車線の中央車線で、信号待ちから青に変わって発進。
  • 中央車線が混んでいたので、左車線に変更。ここまでは正常。
  • アクセルを踏んでも、惰性で走っている感覚。
  • 急な衝撃があり、通常に走行。

マニュアル車に乗ったことがある方ならおわかりになるかもしれませんが、ニュートラルでエンジンを吹かして、セカンドやローギアに入れ急にクラッチを離した感覚です。

ドライブレコーダーで見ると、20~30km/hぐらいしかスピードが出ていないので大事には至りませんでした。もし、高速で走っている時なら、それなりのギアに入ったとしても、あの衝撃では慌ててしまって何が起こるかわかりません。

急遽、ヤナセに車を持って行ってもらい点検をしてもらっていますが、現在では異常は発見できず。車載のコンピューターでも異常を示すログはないそうです。
ただ、ドライブレコーダーのおかげで、サービスマンにも異常があったことは確認してもらえました。こんな役立ち方もあるものですね。

一箇所、変速を伝える部分の接触に怪しい箇所があり修繕したということでした。ただ、原因と特定できるという判断ではないので、メーカーに確認待ちということです。
車は戻ってきましたが、メーカーで原因が特定できるかが不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧