キャデラック SRX

CADILLAC SRX CROSSOVER

2017年3月25日 (土)

サマータイヤへの交換 CUEの改善?

今日は、SRXをスタッドレスからサマータイヤに交換してもらいました。奈良に行くなら、スタッドレスのままで行くつもりでしたが、旅行を中止にしたので交換の依頼をしてありました。
20インチのホイールの方が、迫力はあります。

Dsc_1241



さて、「キャデラック SRX 」のカテゴリーを見ていただくとおわかりと思いますが、CUEシステムには泣かされてきました。何度もインターフェイスの交換をしていますが、なかなか改善されてきませんでした。
ところが、最新の物に交換以来、一度もトラブルが起きていません。こうして記事にすると、トラブルが起こるというパターンでしたが、今回はどうでしょうか?
ヤナセに確認すると、10月20日に交換しています。5ヶ月の間無事だったことを考えると、今のインターフェイスなら大丈夫だと思いたいのですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

3回目のオイル交換とブレーキの違和感

SRXの3回目のオイル交換です。

先回が2016年3月末ですから、10ヶ月の間隔です。1回目と2回目の間隔より長くなっていますが、昨年度末は、1日あたりの走行距離が長くなっていますので、現在の方が普通です。先回から、約5,500kmでの交換です。

Dsc_1673



SRXにする前は、3000kmを目安にオイル交換をしていました。ちょうど半年ぐらいの間隔になります。今は、オイル交換などを含む「メンテナンス ケア プログラム」に入っていますので、オイル交換もヤナセでやってもらっています。
これは、「オイル交換要」の表示が出ないとサービスの対象にはなりませんので、「オイル交換は、半年または5000km」と教えられてきた私にとっては、少々間隔が空きすぎという気がします。

Dsc_1653



オイル交換の予約をしてから、ブレーキに違和感を感じました。走行中のものではなく、エンジン始動時にブレーキを踏み込んだ感覚に違和感を感じたものです。最初は、いつものように踏んでエンジンスタートボタンを押しても、エンジンがかかりませんでした。
オイル交換と一緒にみてもらいましたが、電気系に怪しい箇所があり部品交換だそうです。ただ、本国への発注となるため、また後日ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

CUEの故障とGMジャパンの対応

10月3日の「CUEのブラックアウトとバックカメラ」の後に、ヤナセに入庫して最新のインターフェイスに交換してもらっています。対応としては、この方法しかないようですが、インターフェイスが完全な物かどうかは使っていかなければわからない状態です。

「CUEのブラックアウトとバックカメラ」の記事に、「モニターにタッチしても無反応」「修理代金30万オーバー」というコメントをいただきました。

以前にOPELに乗っていた時がありました。ドアが閉まらない、エンジンルームの排水穴が詰まって車内に雨水入り込み、フロアが水浸しになるなど故障の多い車でした。
ヤナセ本社にクレームのメールを出したら、すぐにディーラーが来て、無償故障修理の延長か新車購入の差額の半分を持ってくれるということで、再度オペルを購入しました。その時にそのような対応をしてくれる決め手となったのは入庫回数でした。

現在のヤナセのホームページでは、故障についてはサービスに連絡ということですので、直接メールを出すことはできません。何度も異常が出ている、つまり不完全なシステムも車の購入代金に含まれている訳です。このままの状態で保証期間が終わってしまい30万オーバーの修理費を出す気にはなりません。

10月の入庫の際に、GMジャパンとヤナセに、今後どのように対応してもらえるか文書回答を求めました。
先日、回答が来ました。私信ですので文章を掲載するのは控えますが、内容としては、CUEについては保証期間満了後も継続案件とするということでした。GMジャパン主導で、ヤナセが追随する形でした。あくまでも個別の対応であり、私のSRXが特別にトラブルが多いのかもしれません。現状を十分に理解していただいた上での誠意ある対応だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

キャデラックSRX 走行の異常

キャデラックSRXに乗り始めて2年あまりが経ちました。CUEのシステムには、何度も泣かされていますが、「走る」「曲がる」「止まる」という車の本来の性能には満足をしていました。

ところが、今朝のことです。

  • 片側3車線の中央車線で、信号待ちから青に変わって発進。
  • 中央車線が混んでいたので、左車線に変更。ここまでは正常。
  • アクセルを踏んでも、惰性で走っている感覚。
  • 急な衝撃があり、通常に走行。

マニュアル車に乗ったことがある方ならおわかりになるかもしれませんが、ニュートラルでエンジンを吹かして、セカンドやローギアに入れ急にクラッチを離した感覚です。

ドライブレコーダーで見ると、20~30km/hぐらいしかスピードが出ていないので大事には至りませんでした。もし、高速で走っている時なら、それなりのギアに入ったとしても、あの衝撃では慌ててしまって何が起こるかわかりません。

急遽、ヤナセに車を持って行ってもらい点検をしてもらっていますが、現在では異常は発見できず。車載のコンピューターでも異常を示すログはないそうです。
ただ、ドライブレコーダーのおかげで、サービスマンにも異常があったことは確認してもらえました。こんな役立ち方もあるものですね。

一箇所、変速を伝える部分の接触に怪しい箇所があり修繕したということでした。ただ、原因と特定できるという判断ではないので、メーカーに確認待ちということです。
車は戻ってきましたが、メーカーで原因が特定できるかが不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

CUEのブラックアウトとバックカメラ

一昨日「CUE(キャデラックユーザーエクスペリエンス)不具合」の記事を書きました。

土曜日に葵奈をYMCA体操教室に送っていく時に起きた症状です。幸い、駐車場は頭から入れる場所で、その帰りには正常に戻っていました。買い物に一往復行きましたので、合計3回エンジンをかけましたが、いずれも正常にCUEは起動しました。

日曜日は、3回エンジンをかけましたが、全て正常でした。

今日の出勤時は正常でしたが、帰宅しようとして職場でエンジンをかけたらブラックアウトしていました。
今日は、彩人がソルフェージュのレッスンがありました。私の帰宅経路を少し変えれば迎えに行ってやることもできます。雨も降っていましたので迎えに行きましたが、バックカメラのない状態でコインパーキングに入れるのには苦労しました。

トレイルブレイザーに乗り始めた頃は、保育園の送迎をしていました。大きな車で、死角が多いのでバックカメラを付けました。その後、2台目のトレイルブレイザー、トラバース、そしてSRXと10年以上バックカメラに頼った駐車をしています。

今日は、左右をミラーと目視でバックをすれば車止めがありますから何とかなりましたが、後に壁や他の車があると苦しいですね。

もちろん、彩人を乗せて再度エンジンをかけた時には、正常に起動しました。

3日間、10回の始動で2回のブラックアウト発生は、今までにない頻度です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

CUE(キャデラックユーザーエクスペリエンス)不具合

キャデラックには、CUE(キャデラックユーザーエクスペリエンス)というものが搭載されています。
GMジャパンのホームページによると、「キャデラック独自のインフォテイメントシステム“CUE(キュー)”」「音楽再生、ハンズフリー通話、ナビゲーションなどの機能を、8インチタッチスクリーンで簡単に呼び出して操作できます」とあります。バックカメラも、このシステムを通しています。
「CUE 統合制御ナビゲーションシステムを標準装備しています」ということで、カーナビは、ストラーダが標準装備され、自由にカーナビを選択することはできません。

CADILLAC CUE とナビの不具合のまとめ」という記事を、2015年3月に書きましたが、それ以後も、何度か画面がブラックアウトするという不具合が起きています。画面だけではなく、ナビを通して出力するテレビ音声が途切れるということもありました。
できるだけディーラーであるヤナセには修理依頼をしていますが、エンジンを切って時間が経てば直るので、そのままの時もあります。修理としては、ナビとCUEを繫ぐインターフェイスが完全な物ではないようで、改良されたインターフェイスに交換してもらっています。しかし、アメリカで作られたシステムに、日本のカーナビを搭載するためのインターフェイスが完全な物ではないようです。

残念なことに、8月に新しいバージョンというインターフェイスに交換してもらったのですが、2ヶ月も持たずにまたブラックアウトしました。

Screenshot_20161001201607


ホームボタンを押しても、反応はまったくありません。この状態になると、一度エンジンを切って20分ぐらい経たないと再起動をしません。ロングドライブに出かけた時には、休憩するまでは、ナビも使えない状態のままで走ることになります。

サービスマンとのやり取りでは、私の車の個体のハズレではないようですし、SRXだけで発生しているトラブルでもなさそうです。当然、私のようにクレームを入れるユーザーもいるでしょう。でも、一旦エンジンを切って20分以上放置すれば正常に再起動するので、車の点検の時などに「こんなことがあった」と言われるだけの方も多いのでしょう。お金のある方なら、CUEシステムに見切りをつけて、他の車種に乗り換える方もあると思います。

このCUEシステムに不具合があるにかかわらず、「こんな便利な物が搭載されています」といったGMジャパンのホームページを見ると不条理な物を感じます。ディーラーの営業の方も、「このシステムは不具合が起きることがよくあります」という説明は、まさかされていないと思います。

車の基本性能は、とても満足しているのですが、このシステムの修理のために何度も入庫しなければいけないのが、とても残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月24日 (土)

キャデラックSRX 2回目の法令12ヶ月点検

昨日、キャデラックSRXクロスオーバーの、2回目の法令12ヶ月点検を受けました。
車を買った時に、有料の「キャデラック メンテナンス ケア 付帯プログラム」に入っていますので、点検も無料です。今回は、エアフィルターとワイパーの交換をしてもらいました。これも無料です。オイル交換やオイルフィルターも、交換サインが出れば交換してもらえます。

実際には、カーショップで購入したり、交換したりする方が安いかもしれません。でも、ディーラーでトータル的にメンテナンスをしてもらう方が安心感はあります。

Dsc_1407



CUEシステムのトラブルが多く、一時は手放すことも考えました。システムを少しずつメーカーが改善をしているようですし、他に買い換えをしたい車があるわけでもありませんので、まだ乗り続けることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

シガーライター用充電器 Anker PowerDrive+ 2

3月28日に、京都に行った時のことです。

普段、スマートフォンはズボンのポケットに入れています。東本願寺を出て昼食に行った時のことでした。それまでは、ポケットから一度も出さなかったスマートフォンを取り出してみると、バッテリー残量が急激に低下していました。本体背面が、少し暖かくなっていました。

Screenshot_20160328155132



こんなことは初めてなので、順子のスマホからdocomoに電話をして対応を聞きました。電源を一旦切って、しばらく時間を置いてから電源を入れてみて様子を見てほしいということでした。そんな電話をしている間も、何もしていないのに2%減っていました。
言われたように電源を切って、車に付いているUSBにつないで、充電しながら奈良に向かいました。ちなみに、キャデラックSRXには、運転席周囲にUSBが4箇所あります。画像の右端で垂直に伸びているのが、車中での充電です。
車のUSBにつないだ時は、スマートフォン側では「コンピューターに接続」と認識されるので、専用の充電器につないだ時に比べて、充電速度は遅くなります。

悪いことに、家族が一緒にいるから電話の必要もほとんどないだろうということで、充電器を持って行きませんでしたが、幸い、古都の宿むさし野には、貸し出し用の充電器がありました。

これを教訓に、シガーライターからの給電用にAnker PowerDrive+ 2 を買いました。

Dsc_1174


Dsc_1169


これに接続している時は、スマートフォン側では「AC電源に接続」と認識されますので、車のUSBに接続するのに比べて、はるかに早く充電できます。

結局、充電が完了して再起動してからは、今回のように、急激にバッテリーが減ることはありません。コンピューターが、原因不明でも調子が悪くなった時に、再起動をかけると直ることがあるようなものでしょうか。

他にも、充電関係の物を同時に購入しましたが、いずれまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月23日 (水)

2回目のオイル交換とCUEシステム

SRXの2回目のオイル交換をしました。前回は、昨年の8月に5,600kmぐらいで交換しています。今回は10,600kmですから、5,000kmで交換ということです。

Dsc_0910



サービスマンの話によると、ちょこちょこと乗っていると交換時期が早く、高速走行が多いと交換時期は延びる傾向にあるようです。確かに、買い物や子どもの送迎など、一日のうちで何度もエンジンを掛けて、短い距離を走る機会は多いと思います。

さて、CUEシステムについて、「CUEシステム改善?」という記事を書きました。残念ながら、月曜日に画面がブラックアウトするという症状が出てしまいました。一度エンジンを切り再スタートをかけると戻ってくれればよいのですが、エンジンを切って30分ぐらい時間を置かないとシステムがリセットされないようです。30分という時間的な余裕がある時の方が少ないのは当然です。
オイル交換を待っている間に、サービスマンと話をしていましたが、保証期間の3年が過ぎると、現状では有料の修理になります。それまでに、完全な状態の部品が出来上がればよいのですが、保証期間の半分を過ぎて、まだまだの状態であるのは困ったことです。
ユーザーは、泣き寝入りするしかないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

ウレタンバンパーの補修

今日は、順子が子ども達を連れて瀬戸の実家に行きました。

駅まで送って帰宅後に、庭の草取りと、植木鉢やプランターの配置換えをしましたが、花粉にやられて、家に引きこもりました。

実は、先々週の水曜日に、歯医者の駐車場でバンパーを擦ってしまいました。低いコンクリートブロックで仕切られている場所で、そのブロックにウレタン部分が当たりました。

Dsc_0861



このままでは目立ちます。ネットで調べてみると、リキッドタイプの靴クリームで目立たなくなるという情報がありました。本来なら、ペーパーをかけて塗るべきでしょうが、ひとまずは、そのまま塗りました。塗った部分が、他の部分よりも光っている感じがしました。

昔々、どの車に乗っていた頃か記憶がありませんが、ウレタン部分が白っぽくなってきた時に、タイヤ用のワックスを掛けたことを思い出して買ってきました。

Dsc_0875



意識して触る場所でもありませんので、靴クリームを塗った部分は、まだ残っているぐらい軽くペーパー掛けをして、バンパーのウレタン部分全体にワックスを縫ってみました。

Dsc_0879



触ってみればわかりますが、少し離れて見ると、どこが擦った部分かわからなくなりました。時間が経つと、どうなるかわかりませんが、ひとまずは満足です。

休日にしかできないことですので、意を決して始めたのですが、作業が終わった後は、くしゃみの連発。目はショボショボでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧